1. TOP
  2. 筑波銀行について
  3. 当行からのお知らせ
  4. ニュース・リリース
  5. 日本政策金融公庫との協調融資についてのお知らせ

日本政策金融公庫との協調融資についてのお知らせ

投稿日: 2019/6/27

筑波銀行(頭取:生田 雅彦、本店:茨城県土浦市)と、日本政策金融公庫水戸支店は、株式会社納豆(代表取締役:宮下裕任、本社:茨城県水戸市)に対し、納豆スタンド“令和納豆”開業を支援するため協調で融資いたしましたのでお知らせいたします。

 

 株式会社納豆(以下、同社という)は、納豆菌の持つ吸水性、可塑性、生分解性などの様々な可能性について研究し、今後人類が直面する水問題や食糧問題、環境問題に対して有効なソリューションを提供することを目的に2018年に設立されたバイオテックベンチャーです。事業導入期の現在は、ECや実店舗を通じた納豆販売によって事業基盤を構築していく過程にあり、今後、納豆菌ビジネスやバイオビジネスへと事業を拡大展開していく計画です。

 

導入期の事業基盤構築の一環として、今般、納豆の本場である水戸市で納豆ビジネスを盛り上げ、また水戸市の活性化に貢献するため、納豆スタンド“令和納豆”を水戸で開業いたします。筑波銀行及び日本政策金融公庫水戸支店は、納豆スタンド“令和納豆”の開業資金を協調で融資いたしました。今後は、水戸市の協力も得たなかで、同社が水戸発のスタートアップとして成長するための各種支援を実行してまいります。

 

 筑波銀行は、地域経済の持続的発展に向け、筑波銀行グループが保有する多様なネットワークをや金融仲介機能を発揮することで、地域のスタートアップ企業の支援し、地方創生に貢献してまいります。

 

 

1.融資先企業の概要

 

企業名

株式会社納豆

代表取締役

宮下 裕任

本社

茨城県水戸市河和田町3-2296-39

設立

2018年7月10日

事業内容

自社開発納豆の販売、飲食店経営、経営コンサルティング業務

納豆菌の研究開発を通じたバイオビジネス

 

 

 

 

2.協調融資の概要

 

資金の使途

納豆スタンド“令和納豆”の開業資金

事業所所在地

茨城県水戸市梅香1-2-5アーバンビジネスホテル2F

開業予定日

2019年7月10日

事業内容

納豆ご飯専門店

事業計画

創業期 商品開発、ECビジネス、店舗営業、納豆ラボでの納豆機研究

成長期 海外営業、納豆菌ビジネス活性化

拡大期 ブランド確立、バイオビジネスへの展開

 

以 上

 

 

報道機関のお問合せ

筑波銀行 総合企画部広報室  鴨志田  内線3730

TEL 029-859-8111

PDF PDFはこちら(PDF 231KB)



このページのトップへ