1. TOP
  2. 個人のお客さま
  3. そなえる=保険
  4. 保険商品に関するご留意点

保険商品に関するご留意点

生命保険商品に関するご留意点(共通)

  • 生命保険は預金商品ではなく、預金保険の対象ではありません。
  • 生命保険は、元本が保証された商品ではありません。
  • 保険契約は、お客さまと保険会社の間に成立します。従いまして保険契約の引受や保険金等の支払いは引受保険会社が行います。
  • 引受保険会社が経営破綻した場合には、ご契約の際にお約束した保険金額・年金額、給付金額等が削減されることがあります。なお、生命保険契約者保護機構の会員である生命保険会社が破綻に陥った場合、生命保険契約者保護機構の保護措置が図られることがありますが、この場合も、ご契約の際の保険金額・年金額、給付金額等が削減されることがあります。
  • 保険商品にご契約いただくか否かが、当行におけるお客さまの他のお取引に影響を及ぼすことはありません。
  • 当行での生命保険のお取扱いには、法令等の定めにより、お申込みできるお客さまの制限があります。
  • 各引受保険会社の基準により、ご契約の限度を定めております。お客さまの健康状態やお仕事の内容などによって、お申込みをお引き受けできない場合があります。
  • リスク・費用は商品により異なります。また、その他にもご注意が必要な事項がございます。ご検討にあたっては、「商品パンフレット」「契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」(変額個人年金の場合、「特別勘定のしおり」)等を必ずご覧いただきご確認ください。
  • 詳しくは取扱窓口までお問い合わせください。
   

個人年金保険商品に関するご留意点

  • ご契約に際して諸費用、手数料がかかります。また、中途解約の際は、解約控除、市場価格調整等の費用がかかる場合があります。
  • 主な運用対象である有価証券の価格変動や金利変動、為替変動等の投資リスクは本商品を購入されたお客さまに帰属します。
  • 本商品の保険料を借入金で調達した場合には、運用実績によっては解約返戻金等で借入元利金を返済できなくなることがあります。なお、当行では借入金を前提とした保険のご提案はいたしませんのでご了承ください。
  • 当行取扱いの個人年金保険商品はクーリング・オフ制度の対象となります。
  • 年金種類によっては、年金受取期間中に被保険者が死亡された場合、受取金額が支払保険料相当額を下回る場合があります。

終身保険商品に関するご留意点

  • 保険商品は預金ではないことから、払込保険料の元本保証はなく、預金保険の対象とはなりません。また、解約返戻金や保険金が払込保険料を下回る場合があります。
  • 中途解約の際は、解約控除、市場価格調整等の費用がかかる場合があり、既払込保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。
  • 主な運用対象である有価証券の価格変動や金利変動、為替変動等の投資リスクは本商品を購入されたお客さまに帰属します。

がん・医療保険商品に関するご留意点

  • 保険商品は預金ではないことから、払込保険料の元本保証はなく、預金保険の対象とはなりません。また、解約返戻金や保険金が払込保険料の合計額を下回る、あるいは全くない場合があります。
  • 法令上の定めにより、がん・医療保険の募集を行う際には、お客さまが「銀行等保険募集制限先」に該当されるか否かについて等の確認をさせていただき、該当される場合には、原則として募集を行うことができません。

損害保険商品に関するご留意点

  • このホームページは、各保険の概要についてご紹介したものです。取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、ご契約にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくお読みください。ご不明な点がある場合には、取引窓口までお問合わせください。

このページのトップへ