1. TOP
  2. 個人のお客さま
  3. かりる=ローン
  4. 住宅ローン
  5. はじめての住宅ローン
  6. 自分はいくら借りられる?

自分はいくら借りられる?

借りられる金額を知っておこう!住宅選びの前に、購入資金も確認しましょう。

あと何年返済すればいいの? 年収300万円でどのくらい借りられる? 自営業の私、収入が変化するので不安です。

住宅は、人生においてもっとも大きな買い物のひとつとなります。
借入額もそれに伴い、大きなものとなりますので、将来のライフプランや金利の動向を踏まえた返済計画を立てていかなければなりません。
いくらずつ返済するか?何年ローンにするか?によって、いくら借りられるかが変わってきます。
住宅ローン借入可能額を計算し、ゆとりある返済計画を考えてみましょう。

購入予定のマイホームの価格=自己資金+ローン借入金-諸費用
『希望物件の購入金額』と『予算』

一般的に物件は、自己資金を2~3割用意し無理なく返済出来る範囲で住宅ローンを組める予算で選んだほうがいいと言われています。
しかしながら希望物件の購入額と予算に差が出てしまう場合もあります。

『返済比率』の目安

住宅ローンの借入可能額を決めるポイントは「返済比率」です。
返済比率とは、毎月の収入に対して、毎月の返済額がどのくらいの比率の目安を示したものです。

<返済比率>
年間所得(税込) 土地及び建物購入の場合 土地のみ購入の場合
200万円未満 25%以内 15%以内
200万円以上300万円未満 30%以内 20%以内
300万円以上500万円未満 35%以内 25%以内
500万円以上 40%以内 30%以内
その他の条件

他にもポイントとなる条件をふまえ、ご自分が借りられる金額を考えてみましょう。

返済額、返済期間をどのくらいに設定する?ボーナスでいくら返済する?変動金利か、固定金利にする?どのくらいで繰り上げ返済をする?

筑波銀行では、住宅ローンは難しくてという方にも、経験とデータをもって丁寧にご説明させていただきます。
お客さまのお話を伺い、その場でシミュレーションを組み立て、もっとも最適なプランをご提示させていただきます。

※シミュレーションでお伝えするのは、あくまで目安であり、実際のお申し込みに際しては、当行所定の審査をさせていただきます。審査結果によっては、ご希望に添いかねる場合もございますのでご了承ください。

どんな商品があるの?

疑問に思ったら

住宅ローン

土日も営業

各種ご相談窓口

あなたにおすすめ

かりる=ローン

おすすめ情報

  1. 1新生活応援スタートアップキャンペーン
  2. 2ファンドオブザイヤー2016
  3. 3私には、ほしいが多い。IMA imahoshi
  4. 4教育ローン
  5. 5自動車ローン
  6. 6パワフルつくば
  7. 7ボンドプレミアムローン
  8. 8ひよっコラボキャンペーン
  9. 9不正送金、ウィルスをブロック 無料で使えるセキュリティソフト SaAt Netizen

このページのトップへ