1. TOP
  2. 個人のお客さま
  3. マネープランガイド
  4. 結婚
  5. お役立ちコンテンツ 結婚

お役立ちコンテンツ 結婚

結婚 好きなひとができたら一緒に考えたい「結婚式にかかる費用」

結婚を考えると一番大きな出費となる結婚式。気になる費用相場を確認しましょう。
招待人数や結婚式場、こだわりたいポイントによって結婚式費用は変動します。
費用相場は参考値として、自分らしい結婚式をしましょう。

結婚式ってどれくらいお金がかかるの?

費用総額
約340.4万円(全国平均)
招待人数
約73.1人(全国平均)

※費用総額は挙式、披露宴・パーティ費用のみ、結納、二次会、新婚旅行などの費用は除く。
(出所)ゼクシィ 結婚トレンド調査2013 調べ

結婚式の費用の支払時期はいつなの? いくら用意すればいいの?

式の前日までに約300万円もの大金が必要な場合が多いので、当日のご祝儀を見込んでいても、事前の準備が欠かせません。
結婚式の費用以外にも、両家親族の顔合わせ費用や会場を決定した際の予約金などがあります。また結婚式当日はお車代などの出費もあります。

お金の支払いタイミングについて

婚約
(挙式12カ月~8カ月前)
結納や婚約指輪などで約90万円、
結納金を納める場合は約80万円が必要です。新婚旅行の費用も考えておく必要があります。
結婚式場の決定
(挙式8カ月~6カ月前)
会場予約金(内金)や衣装予約金などで約15万円が必要です。
結婚準備期間
(挙式6カ月~1カ月前)
引き出物、結婚指輪などで約60万円が必要です。結婚式場を介さず、自分たちで別途準備する場合は個別に支払いが必要です。
結婚式直前
(挙式1カ月~1週間前)
挙式費用として内金分を差し引いた約300万円が事前に必要です。
結婚式当日
主賓のタクシー代や遠方の方の宿泊費、受付や余興をしてくれた方へのお礼などの費用が必要です。
結婚式後
二次会は会費制が一般的ですが、余興のプレゼントやお土産など、持ち出しになることが多いようです。結婚報告のハガキや頂いたお祝いのお返し(頂いた金額の半額程度)の費用も必要です。

お役立ちコンテンツ

このページのトップへ