1. TOP
  2. 個人のお客さま
  3. マネープランガイド
  4. 就職

ライフイベント別 銀行の上手い利用術 就職編

就職したら、お金の管理をしっかりしましょう。

就職したらよく起こるお金の悩み
お金の管理は、銀行口座の開設がおすすめです。

お金の管理は、銀行口座の開設がおすすめです。

あなたのご自宅や最寄り駅、お勤め先のまわりに筑波銀行はありませんか? また、武蔵野銀行、千葉銀行、東京都民銀行、横浜銀行、千葉興業銀行、山梨中央銀行、栃木銀行、東日本銀行のATMでもお得にご利用いただけます。

STEP 1まずは筑波銀行の口座を持ちましょう。

給料振込、生活費の出費など、お金の管理がしっかりできるメイン口座を開設しましょう。
パソコンで残高などが確認できるインターネットバンキングも契約すると便利です。

STEP 2毎月一定の金額を積み立てる習慣を身につけましょう。

給料をすべて使ってしまう前に、少額でも一定の金額を毎月コツコツ積み立てていくことがポイントです。 筑波銀行ではあなたのニーズにあった各種積立商品をとり揃えています。

STEP 3とっさの出費が多い新生活には心強いカードを持ちましょう。

社会人になると、これまで以上にさまざまな出費が増えてきます。
スーツがほしい、時計がほしい、スマホがほしいなど、いま欲しいときに頼りになるのが「IMA★(いまほし)」カードです。パソコンやスマートフォンでお手続きが完了し、WEBでお申し込みならご来店不要、ご返済額は月々2,000円からでゆとりある返済計画が可能です。

※パソコンやスマートフォンでのご契約は、お申し込み時に当行の普通預金口座をお持ちの方に限ります。

※窓口契約となる場合は、電話で回答させていただきます。
※ご返済額はお借り入れ状況によって異なります。

※パソコンやスマートフォンでのご契約は、お申し込み時に当行の普通預金口座をお持ちの方に限ります。

※窓口契約となる場合は、電話でのご回答となります。

※ご返済額はお借り入れ状況によって異なります。

STEP 4「ためる」から「ふやす」を考えてみましょう。

就職したら早いうちからいろいろな金融商品に目を向けてみるのもお金を「ふやす」コツです。
貯蓄額が少しずつ増えてきたら、その一部を無理のない金額の範囲で投資信託や外貨預金などで運用することも検討してみましょう。
ただし、これらの商品はリターン(収益)が期待される一方で、元本が目減りする可能性もありますので、商品特性を十分に理解しておくことが重要です。
今のうちからいろいろな金融商品のしくみについて調べておくことが大切です。

お役立ちコンテンツ

人として基本的な常識があり、正しいマナーを心得ていると、相手に好印象を与えるだけでなく、社会人としての高評価を得ることができます。
仕事を進める上で必要不可欠なマナーを身につけましょう。

このページのトップへ